会社名の英語表記について

スポンサードリンク

今まで名刺交換をさせていただいた方々は「株式会社」と「有限会社」の方のみでした。 その名刺表記されていました名刺英語表記をみますと、「Company Limited」と 「Corporation」が大半を占めています。

ちなみに、「Company Limited」は「Co., Ltd.」と略されて表記もされてます。ですから「株式会社」と
「有限会社」の方での社名の後につける名刺の英語表記「Company Limited」か「Corporation」で問題ありません。補足でいいますと、「Company Limited」は日本の企業が多く、「Corporation」は日本企業も海外の
企業も多かったです。

海外の企業からいただいた名刺英語表記では「Incorporated」も多かったですね。
いわゆる、「Inc」とかいうやつです。これらはあくまでも私がいただいた名刺でこんなように英語表記されてましたってものですので人によっては違う英語表記のものをいっぱい持っているかも知れませんね。

厳密にいうと違う名刺の英語表記

先に「株式会社」と「有限会社」は、「Company Limited」か「Corporation」でいいといいましたが厳密にいうと違うとだけいっておきます。(基本的にはどちらでもいいのは間違ってはいません。どうするかの最終判断はあなたの会社内でよく話合って決めていただくことになるでしょう。)

英語
(いわゆるイギリス英語)では「Company Limited」は「有限会社」を指します。
米語アメリカ英語のことです。)といいますか広く一般的な英語ですね、こちらでは、
「有限会社」を「Company Limited」とも英語表記しますし、
Limited Liability Corporation」とも英語で表記します。「LLC」ってやつです。

ちなみにもらったことはありませんので実物と比較できませんが、「合名会社」を名刺英語表記すると
「General Partnership Corporation」。
「合資会社」を名刺に英語表記すると「Limited Partnership Corporation」となります。ですが
名刺にする前にこの英語表記でよいのかよく話し合って決める必要があることだけは申しておきます。

部署名を名刺にどう英語表記するか
私は、AAA事業本部 BBB事業部 CCC部 EEE課 というところにいて日本的で長いので英語表記
どうするか非常に困った経験があります。もしあなたの会社が許されるのであれば、単純に
ひっくり返して名刺英語表記をすればOKです。
長くなりすけど、EEE課 CCC部 BBB事業部 AAA事業本部 にするだけです。

SPONSORED LINK

スポンサードリンク

名刺を英語では

business card」と言ってました。稀に「calling card」と言う人にも出会ったことがありました。
「visiting card」ともいうようですね。